お悩み別治療|神戸市須磨区で矯正歯科をお探しなら幅広い矯正治療を行う渡辺矯正歯科へ

須磨区の矯正歯科 子供から成人矯正 渡辺矯正歯科

0787950888

アクセス

お悩み別治療

出っ歯(上顎前突)

出っ歯(上顎前突)

一般的には出っ歯と言われ、「唇を閉じても前歯が見えてしまう」「笑っても歯が見えてしまう」「前歯が前方に向いて生えている」など、特に前歯が目立つ症状の事を指します。

前歯が前方に向いている為、食事の際うまく食べきれなかったり、発音しにくかったりすることもあります。

上顎前突の症例

Before

次へ

次へ

After

症例を見に行く

叢生(乱杭歯・八重歯)

歯が重なりあってる(八重歯・乱杭歯)

乱杭歯(らんぐいば)

乱杭歯とは、重なりあった歯もあれば、曲がったり飛び出たりしている歯もある歯がぐちゃぐちゃになっているように見えることを指します。
特にこの症状になる患者様は、顎がとても小さかったり、歯が特別大きかったりすることが多いです。

八重歯(やえば)

八重歯とは、歯列からズレて生えてしまい、重なったように見える歯の事を指します。
乳歯から永久歯に生え変わる時に、後ろから生えてきた歯がきちんと生えることができず、外側に押し出されて八重歯になってしまいます。

八重歯・乱杭歯の症例(抜歯)

Before

次へ

次へ

After

八重歯・乱杭歯の症例(非抜歯)

Before

次へ

次へ

After

症例を見に行く

上下出っ歯(両顎前突)

上下出っ歯(両顎前突)

両顎前突とは、名前の由来の通り、上と下の歯が前に出ていることを指します。
上下に歯が飛び出しているため、特に口が閉じにくく、また口を閉じた際口を尖らしているようにも見えます。

もし歯並びはとても綺麗な状態でも、上下の歯が飛び出している為、矯正治療が必要です。

両顎前突の症例

Before

次へ

次へ

After

症例を見に行く

交叉咬合・すれ違い咬合

顎が横にずれている(交叉咬合)

上下の歯を咬み合わせた時に、上下の歯列がどこかで交叉している状態を指します。

特に、交叉咬合は食事で咬む際、歯に負担がかかり痛めてしまう場合もあれば、顎にも影響し、顎関節症になる恐れもあります。

交叉咬合の症例

Before

次へ

次へ

Before

次へ

次へ

After

Before

次へ

次へ

After

症例を見に行く

上下の歯が咬みあわない(開咬)

上下の歯が咬みあわない(開咬)

開咬とは、奥歯の歯を咬んでも上下の歯が完全に閉じることが出来ず、閉じた状態でも開いているように見える症状です。
矯正治療で、最も困難な咬合形態の1つであり、将来的に顎関節症になりやすく、肩こりや腰痛を引き起こす可能性があります。

開咬の症例

Before

次へ

次へ

After

症例を見に行く

受け口・反対咬合(下顎前突)

受け口・反対咬合(下顎前突)

下顎前突とは、受け口とも呼ばれ、下の歯が上の歯よりも前方に出ていることから「しゃくれ」とも呼ばれています。

受け口は、咬み方や、歯の位置の傾きが異常なため問題が発生する可能性があります。特に成長期の頃から受け口「しゃくれ」になっている場合、成人になってからさらに悪化する可能性があります。その際、場合によっては手術しなければいけないこともあります。

下顎前突の症例

Before

次へ

次へ

After

症例を見に行く

顎のずれで咬み合わせが悪い(顎変形症)

顎のずれで咬み合わせが悪い(顎変形症)

顎変形症とは、上下の顎の骨の形や大きさに異常が起こったり、バランスが崩れたりすることによって、咬み合わせの異常や顔の変形が起きている状態のことです。進行して症状がひどくなると、顔が左右非対称に歪んだり、無理をしないと口が開けられない、もしくは閉じられないなどの異常が生じる場合もあります。

顎変形症は、歯並びの矯正だけでは完全な治療が困難な為、顎の手術を組み合わせた矯正治療が必要となります。

顎変形症の症例

Before

次へ

次へ

After

症例を見に行く