矯正法の種類|須磨区で矯正歯科をお探しなら幅広い矯正治療を行う渡辺矯正歯科へ

須磨区の矯正歯科 子供から成人矯正 渡辺矯正歯科

0787950888

アクセス

矯正法の種類

ブラケット矯正

メタルブラケット(金属ブラケット)

歯の表側に装着する金属ブラケットは昔から知られる一般的な矯正装置です。
このブラケットは金属性のため様々な症状に対応することが出来ますが、色が目立つため嫌がる方も多いです。しかし、他の矯正装置に比べ、安価の料金で治療することが出来ます。

また当院ではカラフルなカラーゴムを使用することで、楽しみながら矯正治療を行うことが出来ます。

【メタルブラケットのメリット】

  • 表側の矯正治療は様々な矯正に対応することができる
  • 他の矯正装置に比べて安価
  • 金属性ブラケットは金属で出来ているため丈夫

【メタルブラケットのデメリット】

  • 装置が銀色のため目立つ
  • 金属アレルギーの人はできない

メタルブラケット+メタルワイヤーの組み合わせ

■メタルブラケット+メタルワイヤーの組み合わせ

ブラケット矯正の中でも最もスタンダードな組み合せです。
耐久性に優れており、プラークも付きにくいといったメリットがあります。しかし、装置自体は銀色で目立ちますので、あまり人目を気にされない方やお子様の矯正にお勧めの組み合わせです。

カラーゴムによるコーディネート

■カラーゴムによるコーディネート

通常ブラケットにワイヤーを固定する際は、半透明や白色のゴムを使用しますが、当院ではカラフルな色付きゴムも各色ご用意しております。
好きな色や気分によって装置を飾りつけることが出来ますので、楽しく治療を行って頂けます。ぜひご希望の方はお気軽にお申し付けください。

審美ブラケット(クリアブラケット、セラミックブラケット)

以前は金属製しかなかった矯正装置も、今では目立たない矯正装置が作られました。
特に、この装置は透明なマウスピースに比べ、歯への負担も軽く、お財布にも優しい装置とも言えます。

また当院ではブラケットだけでなくワイヤーも白い「ホワイトワイヤー」も選択していただけます。表側矯正の中では最も目立ちにくい装置といえます。

【審美ブラケットのメリット】

  • ガラスのような透明感
  • アレルギーになりにくい
  • 矯正治療していることがわかりにくい

【審美ブラケットのデメリット】

  • 費用がメタルブラケットに比べるとやや高額
  • メタルブラケットに比べると多少強度が弱い

クリアブラケット+メタルワイヤーの組み合わせ

■クリアブラケット+メタルワイヤーの組み合わせ

半透明な樹脂(プラスティック)でできたクリアブラケットと、金属でできたメタルワイヤーの組み合せです。
ブラケットが歯の色と似ている為、かなり目立ちにくくなり、現在主流の装置です。
当院でももっとも患者様から選ばれているタイプになります。

クリアブラケット+ホワイトワイヤーの組み合わせ

■クリアブラケット+ホワイトワイヤーの組み合わせ

半透明な樹脂(プラスティック)でできたクリアブラケットと、白色にコーティングされたホワイトワイヤーの組み合せです。
表側からのブラケット装置の中で、最も目立ちませんので、他人に気づかれずに歯を矯正したい方や、人前に出る機会が多い方にお勧めの組み合わせです。

リンガル矯正

リンガル矯正

リンガル矯正とは、表面に矯正するのではなく、裏側で矯正を行う矯正のことを指します。矯正したいけど見えるのが嫌、恥ずかしいというお悩みで矯正できなかった方でも安心して矯正治療を行うことができます。

昔は、取り付け方や材料の関係で裏側では治らないと言われていましたが、現在の治療では、裏側からの矯正でも綺麗な歯並びにすることが可能になってます。

【リンガル矯正のメリット】

  • 虫歯になりにくい
  • 周囲に気づかれないで矯正治療を受けることができる

【リンガル矯正のメリット】

  • 慣れるまで違和感を感じる
  • 発音がしにくい場合がある

マウスピース矯正

マウスピース矯正

歯に透明で薄く、見えにくい素材で作られたマウスピースを取り付け、矯正を行う事をマウスピース矯正と言います。このマウスピースは取り外しが可能な矯正装置なので安心して付け外しが出来ます。人前に出る時や、笑ったり、仕事での支障がなく、ストレスを感じることなくご使用頂けるのが特徴です。
基本的には1ヵ月に1回程度歯型を検査し、その都度患者様の歯に合わせた歯型を作成させて頂いております。

当院では日本最大の矯正専門歯科技工所、株式会社アソインターナショナルで制作されている「マウスピース型矯正装置」を使っています。

【マウスピース型矯正装置のメリット】

  • 装着しても他の人にはほとんど見えることがない
  • 金属アレルギーの方でも安心して装着できる
  • 取り外しができる装置なので、取り外してのブラッシングが可能で口腔内を清潔に保つことが可能
  • 食事の際は装置を外せるので、ガムやキャラメルなど粘着性のある食べ物も食べることが出来る

【マウスピース型矯正装置のデメリット】

  • 歯のガタガタが大きい場合や骨格的なズレが認められる場合など、適応できない場合がある
  • 1日20時間程度の装着が必要。装着時間を守らないと、歯が動かなかったり治療期間がのびてしまう
  • 1ヶ月ごとに歯形を取る必要がある

部分矯正

部分矯正

部分矯正とは、一部分のみの歯並びをピンポイントで矯正する矯正方法を指します。
1本だけ傾いてたり、1本が原因で歯並びが歪んでいるなどのお悩みを抱えている方におすすめです。

しかし症例によっては患者様が部分矯正をご要望でも全体矯正を行わなければいけない場合もあります。

少しでもお悩みを抱えている場合は、まず当院までご相談ください。

【部分矯正のメリット】

  • 低コストで安心
  • 気になる部分だけ治すことができる
  • 期間が短くできる

【部分矯正のデメリット】

  • 症例によっては適応が難しい場合がある
  • 健康な歯まで削る可能性がある
  • 全矯正より仕上りが見劣る場合がある

小児矯正

成長期のお子様の矯正では主に取り外しの装置を使用することが多いです。成長期の子供は成長とともに顔立ちや顎、歯並び、生え変わりなど短期間での変化が大きいためにどれかひとつの装置で解決するわけではありません。
当院でもすべての患者様の顔立ちとスマイルを好ましい印象に仕上げるために、小児矯正治療でも筋肉や機能を矯正力として利用できる装置を多く使用します。
下記に当院で使用している矯正装置の一例をご紹介致します。

EOA

■EOA(エラスティックオープンアウチベーターの略)

筋機能矯正装置の1つで咬む力など、口の周りや顎顔面の筋肉の力を利用して矯正治療を行う装置で、上下一体のマウスピースタイプの装置です。取り外し式で主に睡眠時に装着するマウスピース型の装置です。

日中、学校に行っているときなどははずしてかまいません。まだ骨の柔らかい、乳歯・永久歯混合歯列期(前歯だけ永久歯で奥歯にまだ乳歯がある頃)に使用することで、あごの位置のズレを改善したり、あごの成長を促すことができます。

あごを広げて歯が生える隙間を確保し、でこぼこを改善します。上顎前突じょうがくぜんとつ や 下顎前突かがくぜんとつの改善にも有効です。適切なタイミングできちんと使用すれば、EOAによる治療だけで矯正治療を完了できることも多く、でこぼこの歯並びでも抜歯することなく治療できるなど、大きな効果が挙げられます。

FKO

■FKO

この装置は下顎の前方成長を促す機能を持っており、これにより、出ている上顎の位置関係を調整することができます。
また、FKOは取り外しが可能です。基本的に夜間のみ使用する取り外し式の装置ですので、お子様への負担はほとんどなく、とても使いやすい装置です。